就職 派遣 転職

【朗報】派遣社員だと人生終了...な訳が無い!諦めるな!

2018/01/15

世の中には雇用形態というのが存在し大きく分けて正規雇用と非正規雇用の二種類がありますよね。

非正規雇用のまま生きていくのは難しいですよね。

不安も大きくなり、生き辛さも感じる。大きくならないように、20代のうちに行動すべきです。

今たとえ派遣社員でも、20代であれば人生終了ではありません。

むしろ人生まだまだこれからですよ。

人生終了になるかどうかは、実は自分で決めています。自分が終了だと思わなければ、人生をより良くしようと動けば道は開けます。

派遣社員だからといって悲観することはない

まず結論から言いましょう。

派遣社員だからといって悲観することは一切ありません。

40代、50代で派遣社員であれば悲観するしかないでしょうが、あなたが20代であればどうにかなります。

いや、どうにかできる力があなたにはあります。

若いうちは感じにくいのですが若いというだけで価値があるのですから。(年寄りくさいこと言っていますがわたしも30代の若造です)

どうにかできるパワーをもっているのです。

20代にしかありませんよ。人生を大いに変えていくパワーというのは。

正社員にだってなれます。安定的な人並みの生活を過ごすことだって可能になります。

派遣社員=人生終了と考えてしまうのは仕方ない しかしそれは変えられる

わたしも30代前半で派遣社員だったので、人生を悲観してしまう人の気持ちはよくわかります。

親にも心配されますし、結婚だってできるかわからない。

しかし、自分の人生を変えることってできるんですよ。

今の自分って、過去の自分が作り上げてきたものですよね。

つまり自分の行動の結果が、今の自分を作り出しています。

人は習慣によって人生が決まる、と言う言葉を聞いたことないでしょうか。

「習慣」というのは自分が普段の生活で繰り返している行動を指します。

なんでもかんでも文句や愚痴を言う事が「習慣」になっている人は、ネガティブな印象しかなく、人生そのものもネガティブなものになります。

ネガティブな行動を繰り返しているのですから当然ですね。

逆に夢や今後の人生設計について考え、時には同じように夢や目標に向かっている同志と語り合うことが「習慣」になっている人は、ポジティブな方向に人生は進みます。

ポジティブな行動を繰り返しているからです。

人生を悲観することが「習慣」になってて、かつ、その負のスパイラルから抜け出したい人は、ネガティブな習慣をやめるべきです。

どうしたら習慣を変えられるのか

わたし自身、もともとかなりのネガティブ思考でした。

いまは物事を積極的にポジティブに考えるようにしています。

どのように変わっていったのか。わたしはまず否定から入るのをやめました。

以前の私はやる前から「自分にはできない」「やっても無駄だ」などといった否定をしていました。

挑戦することを拒んだわけです。

コミュニケーションも苦手で、接客業なんて一切できませんでした。

そしてそんな自分が嫌いでもありました。自分の可能性なんて1ミリも信じていませんでした。

だけど、自分が嫌いでこのままではイヤだと考えていた私は、上述の「習慣」の話を知り自分のネガティブな習慣を変えることを決めました。

やる前から否定することをやめたのです。

『できるか』『できないか』で決めるのではなく、『やりたいか』『やりたくないか』で決めるようにしました。

できなかったらできなかったでいいじゃん、やらないで後悔するよりよっぽどいいと思考をチェンジ。

この思考を得たから、仕事にも前向きになれたし派遣から正社員になることもできたんだと思えるのです。

 

結局人生を決めているのは自分

どんな人生を歩むのか、どんな人間になりたいのか、これらは自分で決めていくものです。

人生は自分の思うようにできています。これは紛れもない事実です。

他人や社会が決めているわけではありません。

周りから様々な評価をくだされ、自分の実力や能力の限界を決めてしまう。

しかし、そんな周りからの評価など気にせず自分のやりたい事をやればいいと思います。

「やりたいこと」といっても引きこもりやニートなどはしてはいけません。

結局、そんな行動をしては、先の人生はマイナス方向に向かってしまいます。

自分は今よりも高みを目指せるんだと、自分は今より幸せになって良いんだと、蔑むことはやめようと考えれば必ず道は開くはずです。

幸運なことに僕達は、動物の中で唯一高度な知能を持った「人間」として生まれたわけです。

その知能を活かさずに死んでいくのはもったいない。

考え行動する。それで失敗してもいいじゃないですか。

自分が傷つくだけです。他人が傷つくのであれば最低ですが、自分だけ傷つく分には誰にも迷惑がかかりません。

挑戦して失敗したのであれば、それは恥ではありません。

勲章ですよ。

具体的にどういう行動をすればいいのか

さて、ここまでさんざん熱いことを書いてきたわけですが、結局どうすればいいのか。

習慣を変えよう、とは言いましたが、習慣を変えただけではダメです。

習慣を変える、というのは人生を変えるきっかけにしかすぎません。

あくまできっかけです。

考え方を前向きにしたうえで、どうやって正社員を目指すのか。

正社員経験が無い人が正社員に転職すのはなかなか難しいです。

派遣やバイトの面接のときのようにただ履歴書をかけばいいわけではないのです。

さらにどこの会社に就職するのかも重要なはず。

難しいわけですよ。

そんな難しい転職を有利にすすめるには転職エージェントを利用しましょう。

転職をする時、家族や知人に相談するのはナンセンスです。「転職の素人」に相談しても感情論を述べてきたり、論点がずれたことを言ってきます。

「どこに行っても同じだ」とか「辞めグセがつく」などなど。

ハッキリ言いますが会社それぞれ特徴は違うし、仕事を退職したからって辞めグセがつくようなことなどありません。

アドバイスにもなっていないアドバイスを伝えてくるのです。

相談すべき相手に相談しなければ、たいていは的外れな解答が返ってきます。

ですから相談すべき相手、すなわち転職のプロに相談しましょう。

以下ではおすすめの転職エージェントを紹介したいと思います。

ハタラクティブ

非正規から正社員になりたい人向けの転職エージェントです。

実は転職エージェントって登録を断られることがあります。

ぶっちゃけ転職エージェントにとって、登録者は商品なわけです。

紹介先企業に紹介しても問題無いような人物にのみ登録をしてほしいのです。

そして今まで正社員経験がなければ面接さえしてくれない企業というのはごまんとあるわけです。

なので通常の転職エージェントであれば、登録者の質(=正社員経験があるかどうか)を見ているのです。

しかしハタラクティブは非正規雇用の人でも登録可能です。正社員経験がなくとも人材がほしいという企業はありますからね。

ただネックなのは、登録できるのは首都圏在住の20代のみが対象ということ。

もしこれを読んでいるあなたが、首都圏在住の20代であれば登録をしてみてください。

▼▼公式サイトはこちら▼▼
ハタラクティブ

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-就職, 派遣, 転職