仕事コラム

フリーターには絶望的な未来しかない?そんな事は無い!

2018/04/06

2ちゃんねるとか、ヤフー知恵袋を見ていると「フリーターの自分には絶望的な未来しか残っていない」というような意見を見かける。

気持ちはわかります。今は正社員の私も、20代の頃はコールセンターでバイトとか派遣やってましたから。

正社員経験なんて一切ありませんでした。だけど、20代の内ならフリーターでもまだまだ希望は持てますよ。

というか、20代の内でしか希望は持てません!

30代に突入してもフリーターなら、人によっては希望がなくなります。スキルの高いひとならフリーターでもわずかばかりの希望があります。

では、なぜ20代の内ならばフリータでも希望が持てるのでしょうか。

スポンサード リンク


30歳までならまだまだ希望は持てる

20代フリーターの人口割合は10年前と比較すると増加しており、日本には約175万人のフリーターが存在するといわれています。

ここ5年間はほぼ横ばいにはなってきていますが、正規雇用の人手不足やフリーターの高齢化が問題となっています。

フリーターが増加すると、当然ですが正規雇用の人手が足りなくなります。

2016年度は、過去10年間でもっとも深刻な人で不足の年だったようです。

回答があった1万195社のうち、正社員が不足していると回答した企業は43.9%。半年前の調査から6.0%も増加し、過去10年で正社員の人手不足はもっとも高い値となった。

業種別では「放送」の73.3%がトップで、さらに「情報サービス」「メンテナンス・警備・調査」「人材派遣・紹介」「建設」がいずれも6割を超えた。とりわけ「放送」は2016年7月、2016年1月、2015年7月と4回連続でトップとなり、また、ワースト2の「情報サービス」も65.6%と、前回調査から5.6%増加するなど、正社員の人手不足感が著しかった。

他方、「出版・印刷」や「繊維・繊維製品・服飾品卸売」、「輸送用機械器具製造」では正社員の人手不足の回答は2割台にとどまった。

人手不足感がもっとも高い業種ともっとも低い業種における割合の差は46.0%と、前回調査(60.2%)からは14.2%も縮小するなど、企業の人手不足感はますます高まっていることが判明した。

また、企業規模が大きい企業ほど不足感が強く、「大企業」では51.1%と人手不足の回答が半数を超えた。大企業における人手不足が中小企業の人材確保にも影響を与えている可能性がある。

参照:企業の人手不足が過去10年で最悪に…

昔は入れば安泰といわれていた大企業がもっとも正社員不足とは...。終身雇用が当然だった時代は倍率は今以上に高かったでしょう。

正社員不足というのは、20代フリーターにとってはチャンスなのです。

たとえ今まで正社員の経験が無かったとしても、若い人材であれば今後の伸びしろはあるわけです。

首都圏にはフリーターを対象にした転職支援サービスがありますが、そういった会社は20代の人しか募集しません。

正社員がほしい企業でも、20代より上の世代は教育しづらいためほしいとは思っていないのです。

逆に言えば、20代であれば欲しがっている企業はいるわけですからフリーターでも全然チャンスがあるわけです。

「20代のフリーターでも正社員として雇いたい」というのが、20代のうちなら希望が持てると言える理由です。

要するに、私が言いたいのは現時点で20代のフリーターなら、まだまだ絶望的ではないよ、ということです。

若さというのは、自分が思っている以上にとても価値があることなのです。

なので「若い」というだけで自分を評価してくれて、正社員にしてくれる会社もあります。

それも結構多く存在しています。

スポンサード リンク


40歳までで正社員歴もないフリーターだと厳しいね

30代以上のフリーターは正社員不足だと悩んでいる企業でも門前払いなワケですが、40代フリーターは絶望的です。

40代のおっさんフリーターこそ絶望ですよ。

アルバイトで食いつなぐことはできるでしょうが、できる仕事の数が若い時より圧倒的に少なくなります。

職場で仕事を教える人の中には30代や20代の人間だっています。

そういった若い教育担当にとって40代以上というのは絡みにくいわけです。さらに頑40代以上のおっさんは固な一面をもちがち。

妙なプライドもあったりで、若い人間に比べ圧倒的に扱いづらい。バイトや派遣であっても40代以上のおっさんには関わりたくないと企業は思っているんです。

そうなるとできる仕事はかぎられてくる。年齢を重ねれば重ねるほど、選択できる道の数に限りがでてくるのです。

40代のフリーターの人が読んでいたら申し訳ないですけれど、事実なんですよね。動いても動いても、光が照らされることはない。

お金が無く厳しい生活を強いられる

フリーターを続けることのなにが厳しいって、お金の余裕がなくなることです。

お金が無いとできることの幅が狭くなります。

幸福度も下がります。

お金がすべてとはいいません。お金が無くとも幸せを感じることはできます。

しかし、お金があれば、「お金が無い幸せ」も「お金がある幸せ」も味わうことができます。

お金が無い場合、「お金がある幸せ」を味わうことはできません。

お金が無い幸せしか選ぶことができないことを、悪いとは言いません。

あなたが選びたい方を選べばいいと思います。

ただ私は、多くの人が「お金が無い幸せ」も「お金がある幸せ」も味わいたいのではないかと思ってます。

話をフリーターに戻すと、フリーターは確実にお金の余裕が無くなります。

余裕のない生活を送りたくない人、特に20代の人はまだまだ希望が持てるうちに行動をすべきです。

女性のフリーターは結婚すればいいのか?

ここまでの文章は男性のフリーターに向けて書いてきました。

ネットを見ると、フリーター人生を絶望的だと感じている人は男性が大半でしたからね。

では女性のフリーターは絶望的ではないのか?というと、これも本人の頑張り次第だと思います。

女性のフリーターは結婚すればいい、というような「結婚と言う逃げ道をつかえ」的な意見を見かけます。

確かに女性は結婚さえすれば、働くことより家のことをすることが多くなるでしょう。

しかし、男性の中にはフリーターをいつまでも続けてきた女性を嫌う人がいるのをご存知でしょうか。

そういったタイプの人は正社員で働く=しっかり働いている、というように考えており、いつまでもフリーターをしている人はしっかり働いていない、と考えています。

実は割とそういうタイプの男性はおり、私の友人にもそういう男性がいます。

また結婚後の生活というのはなにかとお金が必要となります。

もっとも重要となってくるのは子供を育てるためのお金でしょう。

正社員で働いていればボーナスが貰えるので、結婚後の貯蓄としてためておくこともできます。

貯金0の女性フリーターは貯金も年収もタンマリある男性と結婚すべきなのですが、物事は自分の思うようにいかないことの方が多いです。

ですから女性も、正社員になっておいたほうがいいと思います。

現在フリーターの女性も、正社員として採用されるように頑張った方が、自分の将来のためになると思いますよ。

スポンサード リンク


人生で一番リスクなのは「選択できるカードがなくなること」

ブラック企業やら社畜といった言葉の影響で、正社員になりたいという人は昔より減ってしまったと思います。

しかしじゃあ、フリーターだったらいいのかというとフリーターも微妙なところ。

今はいいかもしれませんが、将来を考えると不安しか残りません。

どちらがいいのか。それは「選択できるカードがより多い方」です。

選択できるカードというのは、人生の節目でなにか選択を迫られた時に、どれだけの選択肢を選べるのか?ということ。

手持ちのカードが多ければ、その中からもっともリスクの少ないものを選べばいいでしょう。

しかし手持ちのカードが少なく、しかもリスクの高い物しか出せない、となったら完全に積みです。

フリーターをし続けるか、正社員で働くか、どちらのほうが選択できるカードが多いのかと言えば正社員のほうです。

フリーターをし続けた場合、上述のように40代、50代と厳しい現実が待ち受けます。

20代なら動けばなんとかなる!動いても何とかならなくなるうちに動け!

20代のフリーターで将来絶望的だと言っている人は、もう1度自分がなにか行動できないかを考えてみましょう。

20代であれば、選択できるカードはまだまだあります!

特に首都圏に住んでいる20代のフリーターにはチャンスがあります。

首都圏にはフリーターの転職支援サービスがいくつかあるからです。

地方のフリーターよりも、動けば何とかなる環境が実はあるんですよ。

それがあるのに動かずに「絶望的だ」と言っているのであれば、ハッキリ言って怠慢でしかないです。

ホントに絶望的なのはどん底から這い上がるカードさえなくなること。

就職支援サービスというカードがあるのであれば、使わない手はありません。

内定率80%超えの転職エージェント、 ジェイックは非常にオススメのサービスです。



https://www.jaic-college.jp

東京、横浜、大阪、名古屋、福岡といった地域に住む非正規雇用の方々を正社員にさせている転職エージェントです。

ジェイックは15年の歴史があり、大手企業とのパイプもある会社です。

ジェイックの特色としては、ジェイックを利用して就職した方のうち94.3%が1年後も離職せずに働き続けていること。

近年話題になっているブラック企業を紹介されるようなことがないのです。

ネットではよく「ジェイックをの紹介先は営業職が多い」と言われることが多いのですが、近年は販売職やエンジニアなど、その人のスキルに見合った紹介をしてくれることが多くなりました。

完全無料で利用することが可能となっているうえ、就職後のフォロー(これも無料)も手厚くしてくれます。

一ヶ月後、三ヶ月後、半年後といった節目節目に連絡をし、悩みがあれば相談に乗ってくれるようです。

せっかく無料で利用できるのですから、自分の人生をよくするために登録して使い倒してしまいましょう。

ちなみにジェイックの支店があるのは東京都だと神保町、新宿、池袋。

神奈川県の横浜。

愛知県の名古屋市。

大阪だと大阪市中央区と心斎橋。

そして福岡市博多区。

以上の地域に住んでいる派遣社員の方は利用してみましょう。

結局自分の人生を決めるのは自分です。

やらない後悔よりやって後悔の方が数倍いいので、ぜひとも登録しておきましょう。

ジェイック公式ページへ→

就職SHOP

ジェイックの支店がある地域には住んでないよ!

という方は就職SHOPを利用しましょう。

就職SHOPは関東圏だと東京、神奈川の他に千葉と埼玉。

関西圏ですと大阪以外に京都と神戸に支店があります。

就職SHOPは人材業界大手のリクルートグループが運営する転職エージェント。

こちらも正社員経験がないフリーターや派遣を対象に就職支援サービスを展開しています。

就職SHOPの特徴は、書類選考がないこと。

多くの転職支援サービスでは書類選考が存在し、自分が面接を受けたくとも書類選考で落ちて面接すら受けられない、ということがあります。

就職SHOPではそれがなく、自分が希望すればいきなり面接を受けられるのです。

紹介される職業も幅ひろく存在するので、こちらにも登録をしてみるのもいいかもしれません。

無料で利用できるサービスですから、複数登録をしておいても損ではありません。

Aという転職エージェントでは無かった求人が、Bの転職エージェントでは存在した、というケースもありますからね。

公式サイトは下記リンクからどうぞ↓↓↓
リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】
ハタラクティブの詳細を見てみる⇒

スポンサード リンク


タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム