仕事コラム 就職 派遣

派遣社員は使い捨てという厳しい現実!早めに脱出をしよう

2018/05/26

派遣社員は通常、2か月更新とか3か月更新といった具合に契約期間が設けられていますよね。

契約期間を設けられているのは、「企業がいつでも切りやすいようにするため」という非常にイヤな現実があるためです。

そもそも企業側が派遣を雇うのは人件費を抑えるためだったり、繁忙期のため人手が足りないためだったりします。

派遣社員が使い捨てと言われてしまう理由は、これだけなのでしょうか。

今回は派遣社員の立場を考えていきたいと思います。

スポンサード リンク


派遣社員が使い捨てと言われてしまう2つの理由

派遣社員が使い捨てと言われてしまう理由①契約期間があるため

上述のように派遣社員には、数カ月間の契約期間があり、契約終了が近づくと必ず派遣元から更新するかしないかの確認が入ります。

更新するかしないかの選択ができるのは、派遣先から更新の依頼があった場合のみ。

派遣先が「こいつもうイラネ」と思ってしまったら、こちら側は更新したくても、することはできません。

そこで契約は終了となります。

派遣社員は一時的な労働力。2015年の派遣法改正でどれだけ長くても、派遣社員は3年間しか派遣先企業で働くことはできません。

3年働くと派遣先企業は派遣社員を切るか、直接雇用に切り替えなければいけないという決まりになっています。

この直接雇用は必ずしも正社員にする、という意味ではなく契約社員や準社員などでもOKということになっています。

3年後に正社員になれるかどうかは周りの状況を見て判断しましょう

派遣先企業はおなじ派遣社員を3年間のみしか雇用できないです。

3年間雇用した後は別の派遣社員を雇用するか、直接雇用に切り替えるかのどちらかをするしかありません。

わたしは派遣先企業に正社員として登用されましたが、登用されるまでは「本当に正社員登用されるのか?」と不安を感じていました。

派遣先企業に直接雇用されるかどうかを判断するにはいくつかのポイントあると思います。

  1. 直接雇用された人が他にいるか
  2. 社員に「直雇用にならないか?」と声をかけられているかどうか
1.直接雇用された人が他にいるか

私が派遣としては入った会社では割と積極的に派遣社員を直接雇用に切り替えて雇用していました。

私の直属の上司がもともと派遣社員から契約社員になっており、その後に正社員になっていたのです。

今までに直接雇用された事例がその会社であるならば、自分にもそのチャンスがあると考えて間違いないでしょう。

ただし、ただ働いていればいいのではなくやはりそれなりの成績や働きぶりというのを見せなければいけません。

私の場合は職場との相性がかなりよく、派遣社員時代から結構まわりから頼りにされていました。

こういった周りからの評価や、直接雇用の事例があったことから不安はありつつも、正社員登用してくれるという風にも考えていました。

派遣からなんとかして直接雇用になろうと考えている人は、冷静に職場の環境や自分の評価を考えてみましょう。

2.社員に「直雇用にならないか?」と声をかけられているかどうか

「直雇用にならないか?」と声をかけれるかどうかは、その仕事に対し真面目に取り組んでいるか、そしてどれだけの成績を残しているかで決まると思います。

たとえ自分が真面目に働いていたとしても、成績がたいしてよくなければあまり意味がありません。

ここでいう成績とは、どれだけその職場に貢献しているか?ということです。

ちなみにどれだけ真面目に働き、どれだけ成績をだして周りから評価されていたとしても「直雇用にならないか」とい声がかからない場合もあります。

声がかからなかった場合は、その派遣先企業での直接雇用は諦めたほうがいいでしょう。

派遣社員が使い捨てと言われてしまう理由②スキルアップは望めない

派遣社員は一時的な労働力です。

なので覚えようと思えばだれでもできるような作業しか覚えさせてくれません。

私はコールセンター歴が長いためコールセンターでの例を出しますが、派遣社員の役割は電話にでることです。

それなりの高度な商品知識やパソコンスキルを求めらることはありますが、そういったものは場数さえこなせば覚えること自体は難しくありません。

逆に正社員の仕事は部下社員の育成です。

教育というのはその部署が円滑に回せるかどうかという部分にかかわってくるため、責任は非常に重いです。

一時的な労働力でしかない派遣社員には、そういった責任の重い仕事は任せられません。

責任が重い仕事はプレッシャーが出てきますが、職場の核となる部分にもなるので大幅なスキルアップが望めます。

そしてどこの企業も、そういった核となるようなスキルを求めています。

やはり正社員になるには、そういった核となるようなスキルを持っているか、あるいは今持っていなかったとしても積極的に学んで習得しようとしているか、という姿勢が大事になってきす。

責任のある仕事こなすには、やはり一定の成績を残してと評価と信頼をもらうしかありません。

スポンサード リンク


派遣社員は20代まで!20代後半になったら就職しないと後悔する

派遣社員を30代越してもやっているようだと正社員雇用は難しくなります。

年齢が上がれば上がるほど企業は高いスキルを求めてくるからです。

高いスキルというのは核となるスキルをどれだけもっているかどうか?ということです。

コールセンターでいえば、EXELやWORD、ACCESなどのOAスキルを持っている程度では30代での正社員登用は非常に難しいです。

正社員としての職歴がなかったとしても、20代であれば正社員を目指せます。

非正規雇用の転職支援サービスがあるからです。

内定率80%超えの転職エージェント、 ジェイックは非常にオススメのサービスです。



https://www.jaic-college.jp

東京、横浜、大阪、名古屋、福岡といった地域に住む非正規雇用の方々を正社員にさせている転職エージェントです。

ジェイックは15年の歴史があり、大手企業とのパイプもある会社です。

ジェイックの特色としては、ジェイックを利用して就職した方のうち94.3%が1年後も離職せずに働き続けていること。

近年話題になっているブラック企業を紹介されるようなことがないのです。

ネットではよく「ジェイックをの紹介先は営業職が多い」と言われることが多いのですが、近年は販売職やエンジニアなど、その人のスキルに見合った紹介をしてくれることが多くなりました。

完全無料で利用することが可能となっているうえ、就職後のフォロー(これも無料)も手厚くしてくれます。

一ヶ月後、三ヶ月後、半年後といった節目節目に連絡をし、悩みがあれば相談に乗ってくれるようです。

せっかく無料で利用できるのですから、自分の人生をよくするために登録して使い倒してしまいましょう。

ちなみにジェイックの支店があるのは東京都だと神保町、新宿、池袋。

神奈川県の横浜。

愛知県の名古屋市。

大阪だと大阪市中央区と心斎橋。

そして福岡市博多区。

以上の地域に住んでいる派遣社員の方は利用してみましょう。

結局自分の人生を決めるのは自分です。

やらない後悔よりやって後悔の方が数倍いいので、ぜひとも登録しておきましょう。

ジェイック公式ページへ→

就職SHOP

ジェイックの支店がある地域には住んでないよ!

という方は就職SHOPを利用しましょう。

就職SHOPは関東圏だと東京、神奈川の他に千葉と埼玉。

関西圏ですと大阪以外に京都と神戸に支店があります。

就職SHOPは人材業界大手のリクルートグループが運営する転職エージェント。

こちらも正社員経験がないフリーターや派遣を対象に就職支援サービスを展開しています。

就職SHOPの特徴は、書類選考がないこと。

多くの転職支援サービスでは書類選考が存在し、自分が面接を受けたくとも書類選考で落ちて面接すら受けられない、ということがあります。

就職SHOPではそれがなく、自分が希望すればいきなり面接を受けられるのです。

紹介される職業も幅ひろく存在するので、こちらにも登録をしてみるのもいいかもしれません。

無料で利用できるサービスですから、複数登録をしておいても損ではありません。

Aという転職エージェントでは無かった求人が、Bの転職エージェントでは存在した、というケースもありますからね。

公式サイトは下記リンクからどうぞ↓↓↓
リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

スポンサード リンク


タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム, 就職, 派遣