コールセンター 仕事コラム

コールセンターの派遣のメリットとデメリットまとめたよ

2017/05/14

フリーターは雇用形態は不安定なものの、その代り時間は正規雇用の人たちよりたくさんあります。

アルバイトよりも、派遣社員で働けば時給が高いことがほとんどです。なので個人的には20代前半の時に派遣やフリーターをやっていても問題ないんじゃないかと思います。

派遣で働くのなら時給が高く、かつオフィスワークを選びましょう。

逆に製造業や倉庫内軽作業は避けたほうがいいです。

なぜかといえば、製造業や倉庫内軽作業は汎用性が無いからです。

オフィスワークはパソコンを使うことが多いです。

パソコンスキルはどこのオフィスに行っても

会社の業種が変わっても、今まで覚えたことは無駄にならないです。

たとえばコールセンターでOAスキル(エクセルやワード、アクセスなどのスキル)を覚え事務員に変わったとしてもOAスキルを活用することはできます。

しかし食品工場と自動車工場だとやること、求められるスキルはまったく違います。

その他の業種、たとえば飲食業だったり販売業よりもオフィスワーク系の派遣を強くオススメします。

コールセンターの派遣がオススメ!メリットとデメリットを紹介

オフィスワークの中でもコールセンターの派遣は、未経験者でも比較的なりやすいです。

コールセンター以外のオフィスワーク、たとえば事務員だとエクセルやワード、アクセスなどのいわゆるOAスキルが必要とされることが多く、そういったスキルがない人はなかなかなれないです。

コールセンターは基本的に、失礼な接客対応しなければだれでもできます。

たとえ電話対応に苦手意識がある人だったとしてもなれますよ。

私は電話対応に苦手意識がありましたがコールセンターで働き始め、その結果5年以上はコールセンターで働いています。

ブログタイトルにあるように、コールセンターで派遣から正社員にもなれました。

コールセンターのメリット

コールセンターで派遣として働くメリットはいくつかあります。

時給が高い

残業が基本的に無い

時給が高い

コールセンターにおける一番のメリットですね。

コールセンターの給料はたいてい高いです。

1000円以上であることが多く、中には時給2,000円のものもあります。

時給が高くなればなるほど高いスキルが求められるのかというと、一概には言えません。

時給が高い理由は様々です。

「覚えることは少ないが電話が毎日爆発的にかかってきてあまりに忙しい」

「電話自体は少ないが覚えることは専門的であまりに難しい」

「言葉遣いなど、教育があまりに厳しい」

などが理由として挙げられます。

残業が基本的にない

インバウンド(受信)メインの仕事の場合、業務は電話窓口の営業時間内だけしていればOKです。

電話をとって対応すればいいので、残業って発生しにくいんですよね。

近年、バイトや派遣でもサービス残業を強いられるブラックバイトが話題になっていますが、私が働いてきたコールセンターではそういったブラックバイトはありませんでした。

残業もなく時間内だけで働けばいいのは大きなメリットだとおもいます。

コールセンターのデメリット

コールセンターにはデメリットも存在します。

クレーム対応をする場合がある

土日祝出勤をする場合がある

クレーム対応をする場合がある

コールセンターというとクレーム対応をイメージする人も多いんじゃないんでしょうか。

直接顔を合わせているわけでは無いので、相手もクレームをいいやすい状況なんですよね。

しかし、コールセンターだからといって必ずしもクレームが多いかというとそうでもありません。

私が今働いているのは法人向けの電話窓口なんですが、そうそうクレームというのは発生しません。

私の経験上、法人向けの電話窓口だとクレームは少なく個人向け窓口だとクレームが多くなる傾向にあると感じます。

個人向けだと電話をかけてくる相手はめちゃくちゃなワガママを言ってきます。

土日祝出勤をする場合がある

個人向けのコールセンターは土日祝日関係なく出勤する場合が多いです。

携帯の操作窓口や、旅行の予約窓口などは土日祝日に電話が多くなる傾向があるため、なかなか平日のみ出勤するというのができません。

シフト制の仕事に馴れていれば問題ないでしょうが、連休はしっかりと休みたいと思うのならこれは大きなデメリットだと思います。

コールセンターの派遣で働くなら複数登録しておきましょう

派遣会社は1社だけでなく、複数登録しておくのがいいです。

私も派遣会社は5社ちかく登録していました。

複数登録したときに悩むのは、同時進行で仕事紹介を受けていいのか?というもの。

全然OKです。

むしろ複数同時進行で紹介を受けるのが普通です。

派遣会社の担当営業も、複数同時進行しているか?と聞いてくることはあっても、同時進行はやめてください!とは言ってきません。

生活にかかわる事ですから、もし1社だけ面談を進めて不採用だった場合ダメージがでかくなりますよね。

派遣会社もそこをわかってくれるので、気にせず複数登録してその中から自分の条件に合いそうな仕事を探してみましょう。

オススメの派遣会社

コールセンターで働きたいと思うのならば、派遣会社に登録しておきましょう。

派遣会社が紹介してくれるコールセンターの求人は、バイトルやマイナビバイトなどの求人サイト、一般の求人雑誌には掲載されていないものがあります。

求人サイトを探せど、自分が求める条件に合致した求人がない、という経験あると思います。

しかし、派遣会社が紹介しているものであれば自分が求める条件に合致したものがある場合があります。

そもそも、コールセンターで働く人のほとんどは派遣社員であることのほうが多いです。なので働きたいのであれば派遣会社に登録しておきましょう。

登録するなら大手派遣会社が断然いいです。派遣社員ですが有給や福利厚生がしっかりと受けられます。

なお派遣会社は複数登録しておいたほうがいいです。多く登録すればするほど、自分が働きたいと思える求人に出会える確率が高まりますからね。

テンプスタッフ



派遣業界最高といえるほどの求人数を扱っているのがテンプスタッフです。

登録すればジョブチェキというテンプスタッフが運営する求人サイトから、いつでも仕事を探し応募することができます。

更にWebだけで完結するWeb登録を実施しています。

Web登録後、派遣会社から電話やメールで仕事の紹介をしてくれます。

派遣会社へわざわざ来社せずとも、仕事紹介をしてくれるんです。これは非常にありがたいですね!

大手なので、有名企業とのパイプがありそういった派遣先を紹介してくれます。

登録会が面倒と感じている人にはオススメの派遣会社です。

▼公式サイトはこちら▼
テンプスタッフ

パソナ


人材紹介業の中では大手。

大手だけあって求人数がかなり豊富です。

就業後の営業からのサポートも充実しており、満足度1位を獲得している会社です。

▼公式サイトはこちら▼
【PASONA】

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-コールセンター, 仕事コラム