コールセンター 仕事コラム 仕事体験談

コールセンターの派遣・バイトでの面接対策について考察!

2018/01/16

コールセンターで働くために誰もが面接を受けます。

この面接って誰もが一度や二度、悩んだことがあると思います。

コールセンターの面接を受ける際、どういったところに注意をはらえばいいのでしょうか。

面接がどのように進むかは企業・人による

面接時にはこのように答えろという面接マニュアルが世の中にはありますよね。

しかしそういったマニュアルっていうのはたいてい役に立たない事が多い。

そりゃそうです。面接時になにを聞かれるかっていうのは企業・面接を担当する人によって変わりますから。

同じコールセンターでも、チームによってはこなす業務が違う場合があり、求めるスキル・人材が違ってきます。

なので「コールセンターの面接時に必ず聞かれること」っていうのはありませn。

しいてあげるのであれば「志望動機」と「過去のコールセンター経験」でしょうか。

けど志望動機も過去の仕事経験って、コールセンターでなくとも、どの仕事の面接でも聞かれますよね。

コールセンター特有の質問ってのはないんですよ。

「過去のコールセンター経験」は、どう回答すればいいのかなんて悩む必要はないので(嘘つく必要ありません)、「志望動機」くらいは考えていおきましょう。

難問の「志望動機」

どの仕事においても、面接時の志望動機ってクセモノですよね。

「志望動機?んなもん、生きるためです」って素直に言いたいくらいです。

わたしが初めてコールセンターで働いたときは「自分自身のコミュニケーション能力を高めたい」と答えました。

嘘でもななんでもなく、仕事を通じてコミュニケーション能力を高められたらいいなとおもったので素直に答えました。

仕事を通じて向上させたいスキルがあるのであれば、それを志望動機として答えましょう。マイナスになることはありません。

別に向上させたスキルが無いという人はどうすればいいのか。

ネットを見ると「嘘をついてでも好感が得られそうなことを言え」という意見があったりしますがあまりオススメしません。

面接官がそこに突っ込んできてうまく切り返せなかったら終わりだからです。

面接で一番厄介なのは想定していない質問が面接官から来たときです。

面接マニュアルにあるような受け答えが役に立たないのは、マニュアルにない想定外の回答が来るからなんですよね。

例えば貴方が志望動機を聞かれ心にもない「コミュニケーションの向上」を理由に上げ、面接官が「なぜコミュニケーションの向上をさせたいのですか」と更なる質問が来たらどうしますか?

頭が真っ白になって、ウソだとバレたら最悪です。

アルバイトや派遣の面接であれば「時給が高いから」といったような正直な理由で伝えたほうがまだマシです。

服装はスーツが無難

コールセンターはオフィスワークではありますが、服装自由の会社が多いです。

しかし面接のときくらいはスーツでいったほうがいいでしょう。

特に派遣社員としてコールセンターの面接を受けるときは、派遣会社の営業からスーツ着用を求められることが多いです。

企業から「面接時は私服でお越しください」と言われた時に限り、私服でいくべきでしょう。

ただ私服といってもジャケットなどを羽織ったキレイめな服装で望んだほうがいいでしょう。

ダメージジーンズやら肩が出たような服装でいくのは避けましょう。

接客業に抵抗がないか、をアピールできるかが重要

コールセンターは電話を介しての接客業です。

電話なので相手の顔は見えませんが、相手がいまどのような気持ちでいるのか察し、声だけで相手が不快にならないような対応をする必要があります。

過去に接客業を経験してきている人であれば、たとえコールセンター業務が未経験でも十分働くことは可能です。

面接時は接客に対して抵抗がないことを伝えてみましょう。

求人を探している方必見!

今回の記事いかがでしたでしょうか。

高時給でおなじみのコールセンターはとてもやりがいのある仕事です。

しかし高時給といっても、直接雇用のバイト・パートと派遣社員とでは給料が大きく違います。

コールセンターで働くなら派遣社員として働くことをオススメします。

なぜならば、派遣とバイト・パートでは月の給料に大きな差がでてきます。

私がバイトで働いていた時は、派遣社員と400円も時給が違っていたことがあります。

400円も違うと月給が約7万円も違ってきます!

例) 時給1000円、8時間勤務の場合 1日8,000×22日=17万6000円
時給1400円、8時間勤務の場合 1日11,200×22日=24万6400円

派遣社員のほうがバイト・パートより時給が高いことはよくあることです。

なので派遣社員での勤務をオススメします。

私がよく利用していたのはマンパワーです。

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

マンパワーは数多くある派遣会社の中でもTOPクラスで、求人数も2万件以上あります。

コールセンター求人は多いですし、それ以外の求人もたくさんあります。

仕事の紹介をしてもらうのは、まずマンパワーに登録をしなければいけません。

派遣会社の登録というと、通常は面倒な書類手続きや説明会があったりしますが、電話のみでの登録も可能です。

つまり来社不要ということですね!

仕事探しは非常にシンプルかつ便利に探せるようになっています。

マンパワーが作った求人検索サイトで探します。

検索条件をかなり細かく設定できるようになっているので、自分にあった仕事を探しやすくなっています。

また派遣会社側から、自身の条件にあった仕事も紹介してくれることもあります。

仕事探しって自分から動くのが基本ですが、けっこう面倒ですよね。

派遣会社から紹介してくれるというのは、わずらわしさが無いのでけっこう便利です。

ただ、派遣会社からの紹介で気になるのがしつこい電話。

ネットの口コミ情報などを見ると派遣会社の営業がしつこく仕事紹介をしてくるというのをよく見かけます。

マンパワーの場合、こちらから「電話しないでほしい」や「週に1回程度にしてください」といった条件さえ言えば、ちゃんと対応してくれます。

僕は電話ではなく、メールで送ってもらうようにしていました。

小中規模の派遣会社に登録だとひどい対応をするといった話は聞きますが、マンパワーはやはり大手だけあり、変な対応はしてきません。

時給の高さはコールセンターだけでなく、事務や営業、アパレル販売なども高く設定されています。

バイトルやタウンワークなど、求人サイトには掲載されていない求人も存在するため登録しておいて損はありません。

話が長くなりましたが、コールセンターで働きたいのであれば仕事探しがとても便利で、かつ高時給のマンパワーを利用してみましょう!

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

まずは登録してみましょう。

もちろん登録は無料です。

非正規雇用だけど正社員になりたい人にオススメのサービス

「派遣などの非正規雇用じゃなく、正社員になりたい!」

という考えている人は、非正規雇用から正社員への転職支援をおこなっている「就職SHOP」を利用しましょう。

就職Shop

就職SHOPは求人業界の大手、リクルートが運営をする転職エージェントです。

非正規雇用から正社員への就職を支援しています。

東京、横浜、大宮といった関東圏と、大阪をはじめとした関西圏を対象エリアとしてており、該当地域のフリーターを次々と転職を正社員にされています。

就職SHOPの特徴は、面接を受ける前の書類選考がないこと。

派遣会社や転職エージェントでは、面接で書類選考をおこなうことが多いのですが、それがなく自分が希望すればそのまま面接を受けることが出来るのです。

転職できる職としては営業職の他、販売職や事務職。

大手企業よりも中小企業の求人が多いです。

正社員へなりたいと考えている人は、登録をしてみましょう。登録自体は無料です。

就職Shop

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-コールセンター, 仕事コラム, 仕事体験談