派遣

マンパワーの登録会やスキルチェックについてまとめ!

2018/08/06

「仕事探しが面倒...」

「なかなか採用されない」

「高い時給で働きたい」

そう感じている方には派遣社員がオススメです!

日本にはも大手・中小あわせて2000社以上存在します。

それだけ存在しているのですから、どこに登録スべきか迷いますよね。

そこでオススメなのが派遣会社の「マンパワーグループ」

世界80カ国で人材紹介を経営している企業で、日本国内の求人数も数多く揃っています。

未経験OKの仕事もたくさんあるので、派遣社員自体はじめての人でも仕事紹介をしてくれます。

今回の記事ではマンパワーへの登録や、仕事紹介について情報をまとめていきたいと思います。

ジョブネットに登録

マンパワーに登録をするには、マンパワーが運営をするWEBサイト「ジョブネット」に登録する必要があります。

ジョブネットへの登録はもちろん無料!

登録する際は氏名・住所などを入力していきます。


  1. ジョブネットにて登録用のページに進む
  2. 氏名・住所・電話番号等を入力
  3. 仕事の希望条件を入力
  4. ジョブネットのパスワードを自分で決め入力
  5. 登録完了!

2分で登録完了します。


画面に表示されたとおりに入力していけばいいだけなので、とてもカンタンです。

会員登録が済んだらその後は今までの職務履歴を入力していきます。

職務履歴は任意で、入力してもしなくてもどちらでも大丈夫です。

ただ入力をしておいた方が、この後におこなわれる登録会の時間を短縮できます。

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

マンパワーの営業所で登録会

ジョブネットの無料会員登録をおこなった後は、マンパワーから本人確認の連絡が入ります。

いたずらで登録をしていないのか、登録情報は間違いないのかを電話で確認するのです。

そして、登録会の日程もこの時点で決めることになります。

わざわざ会社に向かうのが面倒だと感じる方はいるかもしれませんが、一回登録を済ましておけば、その後はWEBで好きな時に仕事を探せるようになります。

ジョブネットで探せる仕事はタウンワークやマイナビなどの求人サイトからでは応募できない仕事がたくさんあります。

マンパワー経由でしか応募できない仕事を非公開求人と呼ぶのですが、非公開求人の中には自分の条件にピッタリの求人があるかもしれません。

そういった求人情報に触れられないのは非常に勿体ないです。

そもそも登録会を面倒がるような人だと、仕事を紹介してもばっくれをしたり、面接日当日に来ないなんて可能性が高いですよね。

派遣会社は登録会にしっかりと来るかどうかで、人としてしっかりしているかを見ているのです。

登録会にしっかりと参加して、信用される人間であるということを証明しましょう。

マンパワーでの登録会ではスキルチェックをおこなう

マンパワーでの登録はラフな格好で行っても構いません。

リクルートスーツが良い、という意見もあるようですが、服装によって仕事紹介を断られるようなことは無いので安心してください。

実際、私が登録をしに行った時はTシャツにジーンズという極めてラフな格好でした。

登録会で必要なものは以下のとおり。


  • 身分証明書(保険証や住基カード、免許証など)
  • 印鑑(シャチハタ可)
  • 資格を保有している場合は資格を証明できるもの
  • 外国人の場合は在留カード

書類記載のほか、スキルチェックをおこないます。

スキルチェックではタイピングの速度や、WordやExelなどのスキルレベルをチェックします。

仕事紹介の際に参考にするためのデータとしておこなうチェックであり、スキルが低いと評価されても仕事の紹介がされないといったことはないので安心してください。

社会常識があるかどうかなども見られます。

普段どおりの態度で挑めば、特に問題なく登録会は終了するでしょう。

緊張する必要はありません。

登録後に仕事紹介をしてくれる

登録会が無事完了すると、いよいよ仕事紹介がはじまります。

登録会中に希望条件にマッチングする仕事があれば、その場で紹介してくれます。

「希望条件に確かに沿ってるけど、もっと良い仕事があるかもしれない...」

迷いがでる時もあるかもしれませんね。

もちろんその場で受けるかどうか即答しなくてもいいです。

断る事もOKですし、検討して後日答えるのもOKです。

求人情報を見てここに行きたいと思った求人情報があった場合は、ジョブネットから応募しましょう。

応募後、マンパワーのコーディネーターや営業の方から電話が入り、求人に関する詳細な情報を教えてくれます。

自分の条件にマッチする仕事をどんどん探してみましょう。

他の派遣会社とマンパワーを比較

日本には数多くの派遣会社が存在します。

マンパワーではなく別の派遣会社でも良いんじゃないか?と思っている人もいるんじゃないんでしょうか。

まず最初に言っておきたいのは、中小規模の派遣会社には登録をしないほうが良いということ。

2017年、中小規模の派遣会社が大量倒産したというニュースがありました。

現在の日本には、人口よりも派遣会社が多いという状態。

あまりにも派遣会社が多いという異常な状態にあるため、登録者の取り合い状態になっています。

多くの人は大手の派遣会社へ登録をするため、中小規模の派遣会社は登録者を確保できず倒産に追い込まれるというケースが相次いでいます。

その点マンパワーグループは大手の派遣会社であり、充実した福利厚生も用意していますので、ちょっとやそっとで倒産に追い込まれる心配がありません。

また大手の方が求人数が多いというのもメリットの1つです。


  • 中小規模の派遣会社では倒産する危険性がある、大手であるマンパワーグループには倒産の心配はない
  • 福利厚生が充実している
  • 求人数が多い

では、他の大手派遣会社と比較した場合はどうなるのか。

大手派遣会社にはそれぞれ強みが存在します。

会社名 特徴・強み
アデコ
  • 2017年度の顧客満足度1位
  • 世界トップシェアを誇る
  • 大手企業への派遣就業が可能
テンプスタッフ
  • 女性求人が圧倒的多数
  • 日本における派遣会社の老舗

他の派遣会社と比べてマンパワーがどの部分を見ても凄い!ということはありません。

「他社と比較してマンパワーが抜きん出て凄い訳ではないのなら、わざわざ登録しなくとも良いのでは?」

そういう声をあげる人はいるでしょう。

マンパワーを通じてでしか応募できない未公開求人は存在しているため、登録をするに越したことはありません。

マンパワーに登録をしておいたほうが良いということです。

大手派遣会社に登録はしつつ、マンパワーにも登録することをオススメします。

その方が求人情報をより多く探すことができるからです。

選択肢は多く持っておいたほうが、物事を進める時に有利になりますよ。

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-派遣