コールセンター バイト 仕事コラム 派遣

オペレーターをクビになってしまう人の特徴まとめ

2018/02/04

コールセンターのオペレーターをクビになってしまう人は、当然ながらクビになってしまう理由が必ずあります。

僕は1回だけ、研修中にクビになってしまったことがあります。

なぜオペレーターをクビになったのか?という理由がわかっていないと、改善のしようがなく別の職場にいっても同じことの繰り返しになりかねません。

クビになること自体は決して悪いことではありません。

もっとも悪いのは、同じ過ちを繰り返してしまう事です。同じ過ちを犯さないためにも、クビになってしまうオペレーターの特徴というのを把握しておいた方がいいでしょう。

スポンサード リンク



対応件数が少ない

コールセンターにおいて、何本電話をさばいたのかという「対応数」は非常に重要です。

オペレーターの仕事は電話に出ることですが、ただ電話を取ってればいいわけではありません。

電話がたくさん鳴るような職場の場合、いわゆる待ちコが多い状態というのは非常にマズいです。

ドコモやau、Softbankなどの携帯キャリアの番号に電話をかけても、オペレーターにすらつながらない事がよくありますが、電話をかけている方としては非常にイライラします。

待ちコを生まないためにも、電話は多く出て裁く必要があります。

それに1本の電話に対して素早く対応し、素早く終わらせられるのは効率よくスムーズに仕事をこなしている証拠にもなります。

企業風土に合わない

これはざっくりとしたおとしか言えないのでわかりにくいかもしれませんが、会社ごとに企業風土というものが存在します。

その会社にしかないルールだとか、雰囲気、人間関係といったものですね。

同じコールセンターといえど、職場の雰囲気やルールはコールセンターごとに違います。

新しく入ったコールセンターで「以前働いていたコールセンターではこうだった」みたいな事を言うのはNGです。

コールセンターごとにルールは違うのです。うちにはうちのルールがある!と言われて突っ張られかねません。

私も2社目のコールセンターで、私の対応の仕方を注意された時に「以前のコールセンターではこうだった!」と言ってしまったら「だったら以前のコールセンターに戻れば?」と冷たく言われてしまったことがあります(アレは怖かった...)

クレームに発展しやすい

世間一般では「コールセンター=クレームが多い」というイメージを持たれがち。

実際は、窓口の業務内容によってクレームの多さは変わってきます。

が、電話でのみの対応なので電話をかけてくる人もクレームを言いやすい環境であるのは事実でしょう。

上から目線で電話をしてくるような高圧タイプの人だったり、神経質なタイプの人の場合、こちらの対応にイライラしはじめて「お前の対応はなんだ!」と言ってくることがあります。

1回や2回程度なら、誰でも言われることですがあまりに頻繁に言われるようだとクビの対象になってしまいます。

厳しいセンターだと、1回のクレーム発展でも許されないケースだってあります。

なにはともあれ、オペレーターによるクレームは起こさないほうがいいです。

なぜ自分がクレームを起こしてしまったのかという冷静な分析をおこない、次回以降はおこさないように努めましょう。

メンタリティが弱い

上記で書いたように、どんなコールセンターでもクレームは大なり小なり発生します。

それに加え、多くのコールセンターでは業務に必要な知識が膨大で、覚えきれない量であることが多いです。

完全に覚えきれていないにも関わらず、オペレーターとして着台することも多いです。メンタリティが弱いとプレッシャーに潰されかねません。

自分で言うのもなんですが、私はメンタルが強い方です。そんな私でも、プレッシャーでつぶれそうな仕事がありました。

メンタルの強さというのは、コールセンターでは重要な要素の1つです。

まとめ

仕事をクビにされるのはショックですよねー。

「お前は能無しだ!」と言われたような感覚に襲われますが、あまり気にせずに次の職場でいかに活躍するか?と思考をシフトチェンジしたほうがいいでしょう。

職場の雰囲気が合わなかっただけかもしれませんしね。

私もたった2日でクビになった経験がありますが、その後は別の職場で5年以上、オペレーターを務めてますからね。

求人を探している方必見!

今回の記事いかがでしたでしょうか。

高時給でおなじみのコールセンターはとてもやりがいのある仕事です。

しかし高時給といっても、直接雇用のバイト・パートと派遣社員とでは給料が大きく違います。

コールセンターで働くなら派遣社員として働くことをオススメします。

なぜならば、派遣とバイト・パートでは月の給料に大きな差がでてきます。

私がバイトで働いていた時は、派遣社員と400円も時給が違っていたことがあります。

400円も違うと月給が約7万円も違ってきます!

例) 時給1000円、8時間勤務の場合 1日8,000×22日=17万6000円
時給1400円、8時間勤務の場合 1日11,200×22日=24万6400円

派遣社員のほうがバイト・パートより時給が高いことはよくあることです。

なので派遣社員での勤務をオススメします。

私がよく利用していたのはテンプスタッフです。

テンプスタッフ

テンプスタッフは数多くある派遣会社の中でもTOPクラスで、求人数も2万件以上あります。

コールセンター求人は多いですし、それ以外の求人もたくさんあります。

仕事の紹介をしてもらうのは、まずテンプスタッフに登録をしなければいけません。

派遣会社の登録と言うと、派遣会社の事業所に行って面倒な書類を書いたり、就業規則の説明などを受けなければいけないのが普通です。

しかしテンプスタッフはWEBのみで登録が完結できるようになっており、24時間いつでもどこからでも登録はできます。

仕事探しも非常にシンプルかつ便利に探せるようになっています。

テンプスタッフが作った「ジョブチェキ」という求人検索サイトで探します。

検索条件をかなり細かく設定できるようになっているので、自分にあった仕事を探しやすくなっています。

また派遣会社側から、自身の条件にあった仕事も紹介してくれることもあります。

仕事探しって自分から動くのが基本ですが、けっこう面倒ですよね。

派遣会社から紹介してくれるというのは、わずらわしさが無いのでけっこう便利です。

ただ、派遣会社からの紹介で気になるのがしつこい電話。

ネットの口コミ情報などを見ると派遣会社の営業がしつこく仕事紹介をしてくるというのをよく見かけます。

テンプスタッフの場合、こちらから「電話しないでほしい」や「週に1回程度にしてください」といった条件さえ言えば、ちゃんと対応してくれます。

僕は電話ではなく、メールで送ってもらうようにしていました。

小中規模の派遣会社に登録だとひどい対応をするといった話は聞きますが、テンプスタッフはやはり大手だけあり、変な対応はしてきません。

時給の高さはコールセンターだけでなく、事務や営業、アパレル販売なども高く設定されています。

バイトルやタウンワークなど、求人サイトには掲載されていない求人も存在するため登録しておいて損はありません。

話が長くなりましたが、コールセンターで働きたいのであれば仕事探しがとても便利で、かつ高時給のテンプスタッフを利用してみましょう!

テンプスタッフ

まずは登録してみましょう。

もちろん登録は無料です。

非正規雇用だけど正社員になりたい人にオススメのサービス

「派遣などの非正規雇用じゃなく、正社員になりたい!」

という考えている人は、非正規雇用から正社員への転職支援をおこなっている「就職SHOP」を利用しましょう。

就職Shop

就職SHOPは求人業界の大手、リクルートが運営をする転職エージェントです。

非正規雇用から正社員への就職を支援しています。

東京、横浜、大宮といった関東圏と、大阪をはじめとした関西圏を対象エリアとしてており、該当地域のフリーターを次々と転職を正社員にされています。

就職SHOPの特徴は、面接を受ける前の書類選考がないこと。

派遣会社や転職エージェントでは、面接で書類選考をおこなうことが多いのですが、それがなく自分が希望すればそのまま面接を受けることが出来るのです。

転職できる職としては営業職の他、販売職や事務職。

大手企業よりも中小企業の求人が多いです。

正社員へなりたいと考えている人は、登録をしてみましょう。登録自体は無料です。

就職Shop

スポンサード リンク



タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-コールセンター, バイト, 仕事コラム, 派遣