仕事コラム 転職

契約社員が定職ではないと言われるのは不安定だからか

2018/06/11

私がはたらくコールセンターには、派遣社員やアルバイトの他に契約社員の人も多くいます。コールセンターってどうしても非正規雇用の人が多いですからね。

さて、契約社員は多くの場合「定職に就いている」とは思われにくいです。

まあ契約社員って非正規雇用の1つですからね。

派遣社員と同じように契約期間が設けられていて、その期間内での就業になるため正社員よりかは不安定です。

しかし、会社にはよりますが契約社員に(少ないですが)ボーナスを支給する会社もありますし、契約社員になることで正社員登用されやすくなる会社も存在します。

福利厚生も派遣やアルバイトよりはしっかりしている所もあるため、派遣社員よりかは安定しているともいえるでしょう。

契約社員は本当に安定していてないといえるのでしょうか。

契約社員が定職と言われないのは不安定だからか?

契約社員の立ち位置

契約社員ってアルバイトや派遣よりは上だけど、正社員よりは下の立場、ようするに中間の立場であるというイメージが一般的じゃないでしょうか。

そういうイメージがつくのは、有期雇用ではありつつも派遣とは違い直接雇用ですし、アルバイトよりは時給が高いというのが理由だと思います。

特にコールセンターでは、契約社員が正社員の代わりにチームリーダーをやることが多く、「正社員とアルバイト・派遣の中間的立ち位置」というイメージをより一層強めさせます。

上述したように会社によってはボーナスが支給される会社も存在します。ただし、夏と冬2回きっちり出るけど金額が少ないパターンか、1回しか出ないパターンなどがあるようです。

ボーナスが出る、管理職的な仕事を任されスキルアップにつながる、といったメリットを紹介しましたがデメリットも存在します。

それはずっと契約社員で働かされるかもしれないという事です。

派遣社員の場合、1つの会社・部署が派遣を雇い続けらるのは最長3年と決まっています。3年たつと、企業は直接雇用にするか、別の派遣社員を雇わなくてはなりません。

一方契約社員は一時的・臨時的な労働力として雇われますが、派遣社員の3年といった期間がありません。なのでずっと契約社員として雇われ続ける、なんてこともありえます。

そして、正社員とは違い、首も切られやすいです。首の切られやすさが、やはり一番のデメリットでしょう。

上記の理由からやはり契約社員は安定しているとはいいがたく、親世代などからは「定職に就いていない」とみなされてしまうのです。

定職に就いていないと言われるのは親世代と時代背景が違うから?

契約社員の不安定さを語りましたが、働いているのは事実です。

安定していないとはいえ、「定職に就いていない」という言葉にどこか違和感は感じますよね。

親世代が思う「定職」と、私たち子世代が思う「定職」にはギャップが明らかに存在します。

契約社員という雇用形態が登場したのは約30年前あたり。私たち親世代にとっては、正社員に比べるとあまりなじみのない雇用形態です。

親世代からしてみれば「成人して働く」というのは「正社員として働く」ことが当然でした。

ちなみにフリーターという言葉も90年代後半あたりから徐々に浸透してきた言葉で、やはり親世代になじみがありません。

親世代からしてみれば正社員として働くことが当然だったわけですから、正社員以外で働くというのが信じられないことであり、不安になってしまう要素なのでしょう。

一方、今の若い世代は親世代と違い「価値観の多様化」のなかで生きています。

親世代は、働き方や生き方の選択肢が今の世代より少なかったと言われています。つまり、他の人と価値観がそう変わらないなかで生きていたのです。

しかし、現代は働き方や生き方の選択肢が増え、正社員として働くというだけにとらわれない人が多くいます。

こういった世代間のギャップがあるがゆえに、親世代のいう「定職に就け」という言葉に違和感を感じてしまうのです。

とはいえ安定した正社員で働くに越したことはない

私自身は契約社員だろうと「定職に就いて働いている」と考えています。

しかし安定はやはりしていないとも思っています。やはり自分自身の未来を考えたら、正社員で働くのが一番だとおもいます。

終身雇用制度が崩壊したとはいえ、日本で安定的に働くにはやっぱり正社員が一番安定していますからね。

今契約社員で働いていて、将来に不安を感じている人は思い切って正社員になれる会社へ転職しましょう。

正社員登用されるために契約社員をやっている人もいるとは思いますが、結局契約社員のまま5年、10年と使われ続けてしまった人も実際にいます。

あまり雇用先の言葉を信じない方がいいでしょう。わずかな望みにかけるよりも、いま自分で行動して正社員への扉を開けたほうがいいです。

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント



求人業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

名前くらいなら誰でも聞いたことがあるくらいの知名度を持ったサービスですね。

正社員から正社員への転職を支援をしていますが、下記で紹介しているようなフリーターから正社員への転職というのは支援していません。

非正規雇用の方は下記で紹介している転職エージェントを利用したほうがいいですね。

リクルートエージェントの登録は下記のリンクから無料でできます。

【リクルートエージェント】

就職SHOP

就職SHOPはフリーターからの正社員に就職するための支援をおこなっているサイトです。

派遣社員ってどれだけ忙しく働いてもボーナスなどが支給されることってありませんよね。

派遣の待遇に納得がいっていない人は、ぜひ利用してみることをオススメします。

登録自体はもちろん無料です。

公式サイトはこちら→リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

JAIC(ジェイック)


https://www.jaic-college.jp/

東京や仙台、福岡といった地域でサービスを展開している転職エージェントです。

フリーターからの正社員への転職支援をおこなっていますが、男性は営業職、女性は事務職しか紹介されません。

営業職以外を希望する人にはあまり利用価値はなさそうですが、とりあえず登録してみるのもアリなんじゃないかと思います。

JAICでは求人を紹介する前に営業職で働けるようになるための研修をおこなうのですが、その研修で営業職への認識が変わった人もいるようです。

自分の新たな可能性を見つけられるかもしれません。

公式サイトはこちらからどうぞ→JAIC公式ページ

PASSEND

PASSEND

美容業界に特化した転職エージェントで、フリーター女性の正社員支援をしています。

とはいえ、登録自体はフリーターでなくとも登録可能で、いま正社員として働いているがこの会社では納得できないと感じている人でも登録可能です。

美容業界に進みたいという女性の方にはオススメできる転職エージェントです。

ただ登録できる地域が関東圏内に限られています。

関東圏内に住んでいる女性の方は登録してみてはいかがでしょうか。

↓↓登録は以下のリンクからできます。
PASSEND

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム, 転職