仕事コラム

コールセンター受信業務ってどうなの?【仕事体験談】

2018/01/17

これからコールセンターで働こうと考えているけど、不安に感じている人はたくさんいるんじゃないかと思います。

私もコールセンターで働きはじめる前は自分にできるのか不安でした。

同じように不安に感じている人向けに、私の体験談を書いていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

コールセンターの受信(インバウンド)の仕事体験談

フレッツ光の反響営業

最初に就業したのはフレッツ光の電話営業です。

電話での営業、というと発信(アウトバウンド)をイメージしがちですが僕がやっていたのは受信(インバウンド)での【反響営業】というのをやっていました。

ネット上の広告を見た人が、電話をかけてきてその人に対し営業をかけていくというもの。

*仕事の特徴*
  • 数(営業成績)至上主義なので数が取れないとのけものにされます
  • 営業職なのでバリバリの体育会系
*向いている人*
  • 営業獲得数など、数を追って成績を上げることが好きな人
  • たとえ自分がいいと思っていなくとも仕事と割り切って人に商品を勧められる人
*向いていない人*
  • 体育会系のノリが苦手な人
  • 仕事とはいえ自分がいいとも思っていないものを人に勧めることに罪悪感を覚える人

フレッツ光の料金体系を案内しつつ「今だけセキュリティソフトを合わせて申し込めば、割引しますよ!」だとか「オプションサービス付きで申し込めばキャッシュバックします!」というような感じで営業かけていくんです。

お客さんが必要か不要かなんてぶっちゃけ関係ありません。色々オプションつけてNTTからインセンティブやマージンを得ようとしているのです。

はじめてのコールセンター、はじめての営業職ということもあり、やり始めた時は面白かったのですが、やっていくうちに「お客さんが必要でないものをあれこれつけるのが心苦しい」と感じ半年で辞めました。

お客さんには「これが一番オススメですよ」って感情こめて言うんですけど、心の中では「本当はほかにいいサービスあんだよなー」と思いながら案内してました。

お客さんに本当にオススメだから言ってるんじゃなくて、会社が一番儲かるから案件だからすすめてるだけです。

罪悪感を覚えましたね。つくづく、営業職は向かないな...と思いましたね。

法人向けネットバンキングの操作案内窓口

今の仕事ですね。

ネットバンキングを操作しててわからなくなった人が電話をかけてくるので、それを解決する窓口ですね。

*仕事の特徴*
  • 金融系の知識は一切不要。あくまでネットバンキングの操作窓口であり、パソコンやネットの知識の方が必要とされる。
  • 言葉遣いには厳しい
*向いている人*
  • 特にないと思います。
*向いていない人*
  • 特にないと思います。イヤ、マジで!

ネットバンキングと一口にいっても大手都市銀行もあれば、地方銀行もありますが僕がやっているのはとある地方銀行の操作案内窓口です。

いわゆる外注委託で案内をしています。

向いている人、向いていない人は特にないと書きましたが、ホント慣れれば誰でもできるんじゃないかと思います。

僕が働いている部署では、この金融系窓口をやっていてすぐにやめちゃった人っていませんからね。上述のフレッツ光の営業はすぐにやめちゃう人が多かったですけどね...。

あとコールセンターには付き物のクレームもそんなに多くないです。かかってくるのは法人であり、むこうも仕事でやってますからめったなことでクレームを言ってきません。

クレームが少ない、ということが辞める人の少ない理由なんじゃないかなと思います。

やる前は不安でも、ぶっちゃけどうにかなります

コールセンターをやる前、私は接客業を1回もしたことありませんでした。

だから言葉遣いもままならなかったし、電話の対応なんて最初ボロッカスでした。

それでも、もう5年以上コールセンターで働いているので、不安の中がんばりさえすればどうにでもなっちゃうんだなと思います。

これからコールセンターで働こうと考えている人は、ぜひ頑張ってみてください。

求人を探している方必見!

今回の記事いかがでしたでしょうか。

高時給でおなじみのコールセンターはとてもやりがいのある仕事です。

しかし高時給といっても、直接雇用のバイト・パートと派遣社員とでは給料が大きく違います。

コールセンターで働くなら派遣社員として働くことをオススメします。

なぜならば、派遣とバイト・パートでは月の給料に大きな差がでてきます。

私がバイトで働いていた時は、派遣社員と400円も時給が違っていたことがあります。

400円も違うと月給が約7万円も違ってきます!

例) 時給1000円、8時間勤務の場合 1日8,000×22日=17万6000円
時給1400円、8時間勤務の場合 1日11,200×22日=24万6400円

派遣社員のほうがバイト・パートより時給が高いことはよくあることです。

なので派遣社員での勤務をオススメします。

私がよく利用していたのはマンパワーです。

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

マンパワーは数多くある派遣会社の中でもTOPクラスで、求人数も2万件以上あります。

コールセンター求人は多いですし、それ以外の求人もたくさんあります。

仕事の紹介をしてもらうのは、まずマンパワーに登録をしなければいけません。

仕事探しは非常にシンプルかつ便利に探せるようになっています。

マンパワーが作った求人検索サイトで探します。

検索条件をかなり細かく設定できるようになっているので、自分にあった仕事を探しやすくなっています。

また派遣会社側から、自身の条件にあった仕事も紹介してくれることもあります。

仕事探しって自分から動くのが基本ですが、けっこう面倒ですよね。

派遣会社から紹介してくれるというのは、わずらわしさが無いのでけっこう便利です。

ただ、派遣会社からの紹介で気になるのがしつこい電話。

ネットの口コミ情報などを見ると派遣会社の営業がしつこく仕事紹介をしてくるというのをよく見かけます。

マンパワーの場合、こちらから「電話しないでほしい」や「週に1回程度にしてください」といった条件さえ言えば、ちゃんと対応してくれます。

僕は電話ではなく、メールで送ってもらうようにしていました。

小中規模の派遣会社に登録だとひどい対応をするといった話は聞きますが、マンパワーはやはり大手だけあり、変な対応はしてきません。

時給の高さはコールセンターだけでなく、事務や営業、アパレル販売なども高く設定されています。

バイトルやタウンワークなど、求人サイトには掲載されていない求人も存在するため登録しておいて損はありません。

話が長くなりましたが、コールセンターで働きたいのであれば仕事探しがとても便利で、かつ高時給のマンパワーを利用してみましょう!

マンパワーで無料で仕事を探してみる⇒

まずは登録してみましょう。

もちろん登録は無料です。

非正規雇用だけど正社員になりたい人にオススメのサービス

「派遣などの非正規雇用じゃなく、正社員になりたい!」

という考えている人は、非正規雇用から正社員への転職支援をおこなっている「就職SHOP」を利用しましょう。

就職Shop

就職SHOPは求人業界の大手、リクルートが運営をする転職エージェントです。

非正規雇用から正社員への就職を支援しています。

東京、横浜、大宮といった関東圏と、大阪をはじめとした関西圏を対象エリアとしてており、該当地域のフリーターを次々と転職を正社員にされています。

就職SHOPの特徴は、面接を受ける前の書類選考がないこと。

派遣会社や転職エージェントでは、面接で書類選考をおこなうことが多いのですが、それがなく自分が希望すればそのまま面接を受けることが出来るのです。

転職できる職としては営業職の他、販売職や事務職。

大手企業よりも中小企業の求人が多いです。

正社員へなりたいと考えている人は、登録をしてみましょう。登録自体は無料です。

就職Shop

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム