仕事コラム 派遣

日雇いからの脱出!生活に不安を感じるなら行動しよう

2018/03/24

自分で働く時間を決められることがメリットの仕事・日雇い。

時間に縛られることがない上、あまり責任が重い仕事をさせられるわけではないため、気楽さを求めて日雇いを長く続ける人はいるでしょう。

しかしその一方で、日雇いを長くやりすぎて、脱出をしたいと考えている人も多いことでしょう。

そして、日雇いを長くやってきた自分が長期の仕事をすることができるのかという不安を抱えているのではないでしょうか?

スポンサード リンク


日雇いを続けてキツいと感じるなら脱出を

日雇いは時間的な束縛がありません。

自分が働きたい時に働けて、休みたいときには休める。けっこう気軽ですよね。

しかしその半面、不安定です。不安定であるというのが日雇いの最大のデメリットです。

不安定であったとしても20代であればなんとかなります。

しかし年齢を重ねていけばいくほど、不安定な仕事をし続けてもなんとかなることはなくなっていきます。

支払われなければいけないものが増えていきますからねえ。

だんだんしんどくなります。

私は、長期の仕事を探す間は日雇いで食いつなぐ事が多いのですが、一ヶ月も二ヶ月も日雇いをやるのはきついなあと思います。

日雇いは基本的に誰でもできる仕事しかさせてもらえません。

誰でもできるようなカンタンな仕事だからこそ、日雇いの仕事が成立できます。

ですから日雇いを続けても、今後の仕事に役立つスキルというものが身につきません。

なんのスキルが無い、というのはデメリットでしかありません。

高い給料、多くのお金が欲しいのであれば、高いスキルを保つ必要があります。

スポンサード リンク


自分には向かない、なんて考えて行動しないなら何も変わらない

むかーし、私がコールセンターの仕事を探していた際、ティッシュ配りの日雇いバイトをしていた時のことです。

コールセンターの仕事を探している、ということを同じ日雇いバイトをしていた人に話すと

「オレにはそういう仕事、無理だなあ...バカだから単純な仕事しかできない」

と、言ってきました。

正直、自分で自分を蔑むようなことって言わないほうがいいと思います。

自分で自分の評価を落としているからです。

もし日雇い生活からの脱出をしたいとあなたが考えていて、だけど自分には単純なバイトしかできない、などと思いこんでいるのであれば、自分の評価を改めた方が良いです。

自分を蔑んでいると、いつまでたっても日雇い生活から脱出することはできないですよ。

自分が評価できなければ、先に進むことは難しいのです。

後ろ向きな人に人生は開けないのです。

もっと、自分に対して良い評価をくだしてください。自分のことをもっと前向きにとらえましょう。

正社員が無理なら長期派遣から

日雇い派遣から脱出するために正社員になろうと考えている人もいるでしょう。

しかしなかなか日雇いから正社員になるっていうのは、けっこう大変です。

おすすめしたいのは長期派遣でとりあえず働くこと。

長期派遣は日雇いよりも気軽さはありません。しかし、日雇いよりかは安定します。

長期派遣をするならば大手派遣会社に登録することをオススメします。

私がよく利用していたのはテンプスタッフです。

テンプスタッフ

テンプスタッフは数多くある派遣会社の中でもTOPクラスで、求人数も2万件以上あります。

スマホひとつで登録が完了するWEB登録を実施しており、自宅にいながら登録をおこなうことが可能です。

派遣社員から正社員になる事も可能です。実際わたしは派遣から正社員になることができました。

日雇いを脱出する手段としてテンプスタッフを利用してみてください。もちろん登録は無料です。

スポンサード リンク


タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム, 派遣