コールセンター 仕事コラム 仕事体験談

正社員は派遣やバイトより偉いワケない!会社にカースト制度作るな

2018/04/03

世の中には「派遣やバイトなどの非正規雇用より、正社員のほうが偉い」という謎の風潮が存在します。

なかば当たり前のように存在するこの風潮ですが、私ははっきり言って私は嫌いです。

「人としての器が小さいんだね、乙!」って思いますよ。

正社員と非正規雇用の人とでは、仕事に対する責任の比重が違うため、上下関係のようなものができてしまう面とは確かにあります。

しかしそれは、「正社員のほうが偉い」ということには決して結びつきません。

雇用形態なんかで人としての価値なんか決まらないですよ。

スポンサード リンク


雇用形態が人間としての価値に結びついているという歪んだ考え方

派遣やバイトなどよりも正社員のほうが偉いと考えの根底には「正社員のほうが人間としての価値がある」というものが根付いているように思えます。

派遣やバイトは不安定で表面的な仕事しか任されないのに対し、正社員は雇用は安定し仕事の本質的な部分に触れて仕事することができます。

正社員のほうが偉いと主張する人は「仕事の本質的な部分に触れることができるから」を理由に偉いと主張するのですが、それおかしいですよね。

結局のところ、仕事ができずに結果がなにも出せない正社員だっているんです。

逆に派遣社員に正社員がやる仕事をやらせたら正社員以上の結果を出せる人だっているんですよ。

「どういった業務をやるのか」が重要なのではなく「結果が出せるか出せないか」のほうが重要なはずです。

私が昔働いていたコールセンターでは、みんなから使えない正社員といわれていた女性社員がいました。

その女性社員に質問をしても、筋違いでみょうちくりんな答えを言ってきて、それをお客さんに伝えるんですが、結局筋違いの誤った回答になってしまっているのでお客さんに訂正の電話をいれることが多々ありました。

その女性社員よりも長く働いている派遣社員やパートさんのほうが正確な回答をしてくれるので、私はいつしか女性社員には質問をしなくなりました。

しかし、その女性社員は自分が誤った回答をしているということを理解していないのか、正社員というだけで偉ぶっていました。

この女性社員のような人って、会社にとっても周りで働く人間にとっても非常に迷惑な存在です。

逆に正社員という立場にあぐらをかくことなく、自分より長く働いている派遣・パートの意見を尊重している人は尊敬できます。

私はいま正社員という立場ですが、わたしより長く働くパートさんや派遣さんには頭があがりません。自分の知らない情報などたくさん知っていますし、新人の時にはいろいろ教えてくれましたからね。

そして自分より後に入った非正規の人でも、尊重してあげなくてはいけないなと思います。

スポンサード リンク


差別する人は器が小さい

職業差別に関わらず、人種や家柄、経済的な差別をする人というのは総じて器が小さいです。器が大きければ大きいほど、職業や雇用形態なんてどうでもよくなります。

上述の女性社員は結果も出せてないのに正社員だからという理由で偉ぶっていました。

結果がでないからこそ、「正社員」という部分にこだわっていたのかもしれません。

だけど、正社員になってどういう結果を残すかが重要ですよね。会社の利益にならないような人は、はっきり言ってお荷物です。

では器が大きい人というのはどういう人を指すのか?と思った人もいるでしょう。

とあるQ&Aサイトで見本となるような書き込みがあったので、紹介したいと思います。

定時で帰れていいなあとか思うこともありますが、保険、有給、残業手当、住居手当、将来への不安そういった心配がないのが正社員だし、だからこそ、派遣さんやアルバイトさんに、仕事をしやすい職場作りをしないといけないと思ってます。
派遣とか、正社員とか下らないことでしか判断出来ない友達を雇用する職場なんて、先が知れてます。

引用元:http://www.ozmall.co.jp/bbs/5-283948.aspx

こういう人こそ上司にほしいもんですね(笑)

雇用形態関係なく、職場ではたらく人みんなが働きやすい環境をつくり、結果に結びつきやすくなれば会社にとってもプラスですよね。

私の上司も雇用形態で差別しない人です

私の上司は正社員だとかパートだとかで差別したり、下に見るという事をしません。

自分が働くコールセンターにはパートで18年も働いている主婦の方がいますが、私の直属の上司は7年目でパートさんより勤続年数が短いです。

上司が入社したての頃は18年のパートさんに色々教えてもらっていたそうで、いまだに上司は頭が上がらないようです。

そういう関係があるからか、

「雇用形態とか関係なく、年齢や勤続年数で人間関係で決まるし、能力の高さなどでもその人の扱いは決まる」

と言っていました。

こういう発言をしてくれる人は、尊敬できますよね。

さて、ここまで偉そうなことを書きましたが、自分もまだまだな人間だと感じております。

自分も正社員という立場にあぐらをかかずにこれからも仕事を頑張りたいと思います。

この記事がみなさんの役に立てれば幸いです。

スポンサード リンク


今すぐ職場を辞めたい人へ

今回は雇用形態で差別するのはおかしい!ということを書いてきました。

おそらく、この記事を読んでいる人は雇用形態での差別に対して悩んでるんじゃないかと思います。

この記事で「やっぱりおかしかったんだ」と納得できたなら、次なる行動をおこすべきです。

その行動と言うのは違う職場を探すことです。

あなたがいくら「おかしい」と感じたところで、上司や職場の環境と言うのは変えられないと思います。

変わる可能性は少なからずあるかもしれませんが、今いる職場で悩むより、職場を変えた方が悩みは解決できます。

「職場をそうそう簡単には変えられない!それができるなら悩まない」

そう感じた人には、人材紹介サービスを利用することをオススメします。

なかなか変えられないと感じているのは「職探しは大変」という風に思っているからだと思います。

確かに一人だけで探すとなると大変です。

しかし、人材紹介サービスを利用すれば少しは楽になりますよ。

人材紹介サービスというのは派遣会社や転職エージェントを指します。

1人で求人サイトや求人雑誌を読んでいるだけでは、確かに職探しは難しいです。

人材紹介サービスに登録をすれば、あなたの職探しをサポートしてくれる専任のコーディネーターがつくので、職探しが楽になります。

職探しに悩んでいる人は、ぜひ下記のオススメを読んで登録をしてみてください。

派遣会社でオススメの会社

パーソルテンプスタッフ

テンプスタッフ

派遣業界最高といえるほどの求人数を扱っているのがテンプスタッフです。

登録すればジョブチェキというテンプスタッフが運営する求人サイトから、いつでも仕事を探し応募することができます。

Webだけで完結するWeb登録を実施しています。

Web登録後、派遣会社から電話やメールで仕事の紹介をしてくれます。

パーソルテンプスタッフは大手なので、有名企業とのパイプがありそういった派遣先を紹介してくれます。

登録会が面倒と感じている人にはオススメの派遣会社です。

▼公式サイトはこちら▼
テンプスタッフ

正規雇用で就職したい人にオススメの転職エージェント

「派遣などの非正規雇用じゃなく、正社員になりたい!」

という考えている人は、非正規雇用から正社員への転職支援をおこなっている「就職SHOP」を利用しましょう。

就職Shop

就職SHOPは求人業界の大手、リクルートが運営をする転職エージェントです。

非正規雇用から正社員への就職を支援しています。

東京、横浜、大宮といった関東圏と、大阪をはじめとした関西圏を対象エリアとしてており、該当地域のフリーターを次々と転職を正社員にされています。

就職SHOPの特徴は、面接を受ける前の書類選考がないこと。

派遣会社や転職エージェントでは、面接で書類選考をおこなうことが多いのですが、それがなく自分が希望すればそのまま面接を受けることが出来るのです。

転職できる職としては営業職の他、販売職や事務職。

大手企業よりも中小企業の求人が多いです。

正社員へなりたいと考えている人は、登録をしてみましょう。登録自体は無料です。

就職Shop

スポンサード リンク


タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-コールセンター, 仕事コラム, 仕事体験談