仕事コラム

年収200万で生活できるのは20代まで!今後を考えよう

派遣やアルバイトなどの非正規雇用で働く人の年収は代だいたい200万前後だと思います。(月収が18万~20万だった場合)

ひとり暮らしであれば、年収200万でも生活していくことはできるでえしょう。出費も削ろうとすれば削れますからね。

しかし30代、40代と年齢を重ねると、年収200万での生活はかなり厳しいものとなります。

年収200万で生活できるのが20代までである理由

年収20万だとだいたい月に17万円以上はもらっていると思います。

17万円×12か月=204万円。

そこから所得税や社会保険料を惹かれると、手取りはだいたい13万円~14万円になると思います。

 

そこから家賃や光熱費、食費やネット代を差し引くと自由に使えるお金はほぼありません。

ただただ生きていくだけならば問題ないでしょうが、職場と家の往復しかできません。

もうなんのために仕事をして、なんのために生きているのかわからないような生活になっちゃいますね。

仮に社会保険に加入していない場合は、2~3万円程度の自由に使えるお金が手に入ります。

月に1万円だけ貯金した場合は、残るのは1~2万円。

これで遊ぶのはかなり難しい。

低収入なんだから、遊ぶんじゃないみたいな声が聞こえてきそうですが、それではたして幸せなんでしょうか。

人間だれしもが、生まれた時から幸せになるために生まれてきてるんだと思うんですよね。

「自分はどうしても不幸になりたい!」みたいに思っている人はいないじゃないですか。

誰しもが不幸になりたくないと思うのは、誰しもが生まれた時から幸せになるために生まれてきたからこそ、そう思うんですよね。

私は本気で言っています。

キレイごとでもなんでもなく本気で。

年収200万で30代、40代と年齢を重ねると世間との年収格差に悩まされるでしょう。そして自分の不幸さを嘆くのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分では予想できない出費が出てくる

私はすでに30代なのですが、20代の時には予想していなかった出費に出くわしています。

それは親の治療費です。親も60を超す高齢となり、ささいなことで体を悪くすることが多くなりました。

一番手痛いのは入院費ですね。母親が骨折して入院した時は、母親の体も心配でしたが入院費も心配になりました。

父親も高齢となり、今は長年務めてきた会社を定年退職し別の会社でアルバイトとして雇われています。

 

月収は正社員時代の約半分。実家の家計を支えるにはギリッギリの金額です。

非正規雇用なので風邪でもひいて仕事を休むと、その分給料は減ります。

そうなると私が仕送りしなければいけません。

今は正社員として働いており、年収400万円ほどあるのでなんとかなっていますが、私が年収200万円だったらこうはいきません。

 

10年前の私は、自分と親の環境がこうなるとはイメージできませんでした。

予想できないことが、人生では起こりえます。

予想だにしていなかった支払いが起きた時、30代40代で年収200万円だと対処は難しいんじゃないでしょうか。

20代のように体力があるわけでもないですからね。

余計なお世話かもしれません。上から目線の発言になってしまうかもしれませんが、あえて書きます。

10年前の自分が、はたして今の自分の状況をイメージできたでしょうか。

10年前に思い描いていた「未来の自分」に今はなっていますか?

年収を上げるための行動をしましょう

フリーターのみならず、正社員で賞与・残業代なしで年収200万円前後の人というのもいるでしょう。

そのままの状況でいるのはまずいです。上述したように年収200万円だと、30歳以降の生活は非常に厳しくなります。

すぐにでも年収を上げる行動をおこしましょう。

タクヤ

首都圏でコールセンターで働いている30代。
絶賛彼女募集中。 
普段から仕事か人生のこととか考えるのが好きで
このブログでは自分の考えをどんどん発信して行こうと思っています。
記事の内容が面白い、共感できたらどんどんシェアをお願いします。

-仕事コラム